*

【外見だけじゃない】筋肉の重要性と低下することによる様々な生活習慣病のリスク

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 健康・病気

疲れやすいのは筋肉不足の可能性が高い

筋肉量、足りてますか?

少し外を歩いただけで息切れしてしまう、階段を上がるのも辛い、という方は多いと思います。

ただ衰えを感じているだけでは自覚症状はあまりありませんが進行すると

肺炎
腎臓病
新規の法則
糖尿病
動脈硬化
敗血症

など様々な病気の原因にもなると言われています。

筋肉の量が多いと糖尿病になりにくくなること
ホルモンを出すことで動脈硬化を防ぐことができる。
などがわかっています。

私も例にもれず、そんなに激しい運動をしたわけでもないのに疲れてしまうことが多々あります。それ、筋肉不足からきているのかもしれません。

日ごろから筋トレを日課にして、毎日取り組んでいるという人はあまりいないと思います、私は「毎日腹筋するぞ!」と意気込んでもたいてい三日坊主で終わってしまいます。

体組成計で筋肉量を測ってみると、なんと平均値よりも低い数値が出てしまいました…。

筋肉がなくても疲れやすいだけで、あまり支障はないのでは?

と思っていましたが、実は恐ろしい病気を引き起こすことがあるのです。

筋肉は命の財産!

kin1

なんと、筋力が低下すると死の危険もあるのです。最新の研究によると、

筋肉が少ない人は多い人に比べて死亡率がなんと2倍

なのだそうです!

「はい、明日から歩きます。筋トレします。」

見てたら、筋肉が少ないって怖いですね。筋肉は命の財産といってもいいくらい、重要なもののようです。

ちなみにこれは男性と女性の量のちがいを言っているわけではありません。

あくまで、ご自身のDNA,理想とする体型から比べてどれくらい差があるかということです。

誰でも理想とされる体型があります。筋肉があればあるほどいい。と勘違いしてボディビルダーを目指すのは少し方向性がちがいます。

筋肉が衰えると、肺炎、腎臓病、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、敗血症などの多くの病気にかかりやすくなってしまうのです。

ちなみに人間の筋肉は、70パーセント以上おへそから下にあるそうです。
なので、上半身よりも下半身を鍛えることが健康にはとても重要だということです。

私は仕事が忙しい時など一日100歩もあるかない日があります。明日からマジで歩きます。

筋トレで健康な体を手に入れる!

筋トレをすると体の中でリンパ球が増えます。

リンパ球という言葉、どこかで聞いたことはありませんか?肺炎などを引き起こすウィルスや細菌と戦って体を守るものなのです。

筋肉を鍛えることで免疫にも強くなるということです。

リンパ球、素晴らしいですね!

したがって、筋トレをすることで病気を防いで、強い体を作ることができるのです。

そして、ある程度の筋肉量がないと人は生きることができないのです。筋肉が少ないと病気になりやすく、筋肉を増やすと病気の予防ができて治りやすくなるのです。

危険な筋肉の衰えの見分け方

こんな方は要注意!

・立って片足で靴下が履けない(バランスがとれない)筋肉の老化が1番わかりやすいのが足になります。他の場所の筋肉の衰えはなかなか分かりづらいですが、足はたまに歩いてみるとその変化にすぐに気付くことができます。
・ビンの蓋が開けにくい(握力低下)
・横断歩道を渡りきる前に赤信号に変わってしまう(歩くスピードがおそい、脚の筋肉が衰えている)

あてはまるものはありませんか?
一つでもあてはまったら、筋力低下が疑われるので、早めに対処しましょう!

私はかなりやばいです。この文章を打つ手を止めて今すぐにでもウォーキングに行きたい気分です。

両手で作ったわっかよりもふくらはぎの方が小さければ筋力が低下しているサイン。(ギャー!!)
特に筋トレは若い時からやっておく必要があります。

なぜなら、歳をとるとともに筋肉が硬くなってそこに脂肪が入り込みます。
要するに、霜降肉と同じような状態になっています。
こうなるとなかなか筋トレで筋力をつけるのは難しくなります。
だから、歳をとってからではなくまだ若いうちから習慣にする必要があるのです。

まず、この筋肉の硬化についての対策ですが、この霜降り状態を対策するために筋トレ前に歩くということがとても重要になります。

終わりに…筋肉をたくさんつけよう!

筋肉がないと、こんなにリスクが高いのです。

筋肉量が少ない体のままにしておくわけにはいかないですね…。

では、どうやって筋肉をつけたらよいのでしょう。私の様に腹筋運動やスポーツジムが続かない人に、とっておきの方法があるのです!

それは、早歩きで3分間だけ歩くこと!
それは、早歩きで3分間だけ歩くこと!
それは、早歩きで3分間だけ歩くこと!
それは、早歩きで3分間だけ歩くこと!

私は普段ゆっくりめで歩いていたので、3分が長く感じ、久々に運動した!という気分になれました。

一週間に通算60分できれば、筋肉の増加につながります。
そして、強盗でも説明したように、人間の筋肉と言うのはおへその下の筋肉が70パーセント。
これを、鍛えるにはスクワットが1番効果的です。

運動後には、アミノ酸を含んだ牛乳や乳製品を摂ると良いですよ。
そして、牛肉・卵・チーズなどの動物性タンパク質を含む食品を積極的に取るようにします。筋肉の重要性、わかっていただけましたか?ぜひ試して、病気を寄せ付けない体を作りましょう!

((((;゚Д゚))))ガクガク今日はこの辺にして歩きに行ってきます。

関連記事

血圧を下げる方法

【1日11分だけ】4週間後に血圧を劇的に下げるエクササイズ

血圧を下げるハンドクリップより 血圧を下げる超お手軽ワザ?! 健康診断で高血圧と診断され

記事を読む

肩こりの原因

肩こり・頭痛の8割は首から!枕を変えることによるあなたの生活の変化

世界一受けたい授業 山田朱織先生の枕 みなさん、頭痛やむくみ、不眠などの体の不調はあり

記事を読む

動脈硬化と心筋梗塞

【健康診断はアテにならない】血液がドロドロになる原因と改善方法

ためしてガッテン 動画 サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識より 心筋梗塞を防ぐために知って

記事を読む

幸せホルモンオキシトシン

【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

ストレスを出来るだけ具体的に解決する2つのホルモンからの続きです。 思いやりホルモン:オキ

記事を読む

生活習慣

【少しの改善で効果絶大】何気ない生活習慣があなたに及ぼす悪影響

今すぐ出来る生活改善ス ホンマでっか!より 普段何気なく習慣としてやっていることが、実は体

記事を読む

認知症の予防

【今からでも!】認知症の予防に役立つ3つの方法

認知症予防は何歳からでも始められる いまや高齢者の四人に一人が罹っていると言われる認知症。 最近

記事を読む

緊張と不安

【SAD】不安や緊張を抑えるためのポイントと習慣

少しのことでもすぐ緊張してしまい、目をそらしたりパニック状態に陥ったりすることはないですか?

記事を読む

記憶力の低下

【記憶力の低下】を改善するための様々なポイント

記憶の秘密スペシャル2010 ホンマでっか より 年を追うごとに、自分の記憶力の低下を実感

記事を読む

女性

うつ病になりやすい8つの性格とそれを予防するための4つのポイント

「患者250万人!うつ病最新予防法」 【初期症状】うつ病の原因を徹底解明 考えがまとまらな

記事を読む

高齢者

【高齢者の実体験】いつまでも認知症にならず自分の足で歩くための7つの健康法

両親や祖母に教えてあげたい認知症の予防方法 認知症とは、高齢者に多い病気です。いわゆる『ボケ』と言

記事を読む

PAGE TOP ↑