*

【姿勢の悪さ本気で直したい】4つの猫背のタイプと種類別の姿勢改善エクササイズ

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 健康・病気

姿勢の悪さ

世界一受けたい授業  肩こりや腰痛の原因は..?より

近年、姿勢の悪い子どもたちが増えていますよね。

学校の先生方に、

最近姿勢の悪い子どもが増えていると思うか?

のアンケートでは、

1979年には、44.0%なのに対して

2010年は69.3%となっています。

なんと、25.3%も増えているんです。

それだけ姿勢の悪さが目立つ子どもが増えているということ。

猫背が悪化すると、椎間板ヘルニアに移行します。若い時は良くても発症してしまうと

仕事ができない原因にもなります。

さらには、肩こり・腰痛・神経痛などの原因も姿勢の悪さ(体の歪み)から来ています。

このような体に異常をきたしてしまう体の歪み…怖いですね。

なので、できる限り体の歪みもなく、姿勢よく暮らしていきたいですよね。

人の体の歪みは4つのタイプに分けられるそうです。

1つ目は、首で曲がっている 首猫背。2つ目は、背中で曲がっている せなか猫背。

3つ目は、腰で曲がっている こし猫背。

4つ目は、お腹が前に出ている おなか猫背。

自分はこの4つのタイプのうちどのタイプなのか??

壁があれば簡単にわかるのです!

【4つの猫背タイプ】そのチェック方法は…

1.かかと・おしり・後頭部が壁につくように立ちます。

この時点で、この立ち方に不自然さを感じる方は、くび猫背かせなか猫背です。

2.自分の胸が見えるようにアゴを引く

この時に、

  • 腰のそりが強い方は、せなか猫背です。
  • 腰がそりすぎない方は、くび猫背です。
  • 腰の隙間に手が入りにくい方は、こし猫背です。
  • 腰に手を入れると隙間がかなりある方は、おなか猫背です。

このどれにも当てはまらない方、

つまり、

壁に頭と肩をつけても違和感がなく、アゴを引いたとき、腰に手のひら1枚分の隙間がある方は、歪みのないパーフェクトな姿勢の持ち主ということになります。

このパーフェクトな姿勢の方は、約1割しかいないそうです。

さて、ここからは、それぞれのタイプ別姿勢改善法です。

1,せなか猫背の改善方法

まずは、日本人のおよそ4割がそうだという、せなか猫背。

バスタオルを用意します。それをくるくる~と巻いてください。

そのクルクルバスタオルを背中の真ん中に来るようにおいて仰向けに寝ます。

そして、バンザイをして、このまま10分間。そして。ひざを立てておしりを高く持ち上げてタオルを抜きます。

2,くび猫背の改善方法

続いては、2番目に多いくび猫背です。

まず、椅子に座り、手のひらが上にくるように、腰の後ろで指を組みます。

そして、肩をめいいっぱい後ろに引きます。

ポイントは、肩甲骨の間に深いシワをつくる意識で肩を引くことです。

次に、肩を引いたまま頭を後ろに倒します。

その状態で、1.2.3.でもどします。この時に、腰をそりすぎないように注意しましょう。

これを、1日20回やります。

3,こし猫背の改善方法

続いては、こし猫背。

こし猫背は、年をとるにつれてひどくなっていきます。

では、うつぶせに寝て、腕立て伏せの要領で上半身だけを後ろに起こして、深呼吸を2回。これを、1日10回しましょう。

4,おなか猫背の改善方法

最後に、一番危険なおなか猫背。

まず、片方の手をお尻にあてて、もう片方の手を下腹にあてる。

そして、下腹を前に突き出して、戻します。

これを、1日10回。

まとめ

 

せなか猫背:くるくる巻いたバスタオルを背中の真ん中において仰向けにねる。両手をバンザイして10分間

くび猫背:椅子に座り腰の後ろで腕を組む。そしてゆっくりと引いていく

こし猫背:ヒザ立て腕立ての状態で上半身をそらす

おなか猫背:お尻と下腹に手を当ててお腹を突き出す運動をする

 

猫背にも色々な種類があることがわかります。なので自分に合ったものを見つけるのが一番の近道です。

毎日自分に合ったストレッチをして、体の歪みを治しましょう!

関連記事

緊張と不安

【SAD】不安や緊張を抑えるためのポイントと習慣

少しのことでもすぐ緊張してしまい、目をそらしたりパニック状態に陥ったりすることはないですか?

記事を読む

動脈硬化と心筋梗塞

【健康診断はアテにならない】血液がドロドロになる原因と改善方法

ためしてガッテン 動画 サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識より 心筋梗塞を防ぐために知って

記事を読む

高齢者

【高齢者の実体験】いつまでも認知症にならず自分の足で歩くための7つの健康法

両親や祖母に教えてあげたい認知症の予防方法 認知症とは、高齢者に多い病気です。いわゆる『ボケ』と言

記事を読む

ぼんやりする時間

【何もしない時間】時には長時間のんびりボーっとする時間の大切さ

”ぼんやり”に潜む謎の脳活動 われわれ日本人はいわゆる何もしない「ボーっとする時間」を敬遠しが

記事を読む

【外見だけじゃない】筋肉の重要性と低下することによる様々な生活習慣病のリスク

疲れやすいのは筋肉不足の可能性が高い 筋肉量、足りてますか? 少し外を歩いただけで息切れして

記事を読む

冬の風邪対策

【冬の風邪】ただの風邪とインフルエンザの違いの見分け方

主治医が見つかる診療所で「冬の風邪、インフルエンザ」についてやっていましたのでまとめておきたいと思い

記事を読む

感動ホルモン セロトニン

【感動ホルモン】心を安定させるセロトニンを出す方法

【人を幸せにするホルモン】オキシトシンを出す方法からの続きです。 2つ目のキーワード【ストレスをた

記事を読む

ドライマウス改善

【外からの風邪対策】ドライマウスを改善するための3つの方法

免疫力アップにおすすめの3つの方法からの続きです。 ウィルスが侵入するのは実は鼻と喉からのみに

記事を読む

おしっこと腎臓病

人工透析にならないために!オシッコで腎臓病を早期発見しよう!

主治医が見つかる診療所より 人工透析にならないために!オシッコで腎臓病を早期発見 腎臓の

記事を読む

基礎体温と代謝をアップさせる

【基礎代謝アップ】平熱を36度台にする3つの方法と免疫力をあげる1つの習慣

風邪をひきやすい冬の感染症、免疫力アップにおすすめの3つの方法 からの 【外からの風邪対策】ドラ

記事を読む

PAGE TOP ↑