*

【少しの改善で効果絶大】何気ない生活習慣があなたに及ぼす悪影響

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 健康・病気

生活習慣

今すぐ出来る生活改善ス ホンマでっか!より

普段何気なく習慣としてやっていることが、実は体に悪い影響を与えているかも!?

そんな悪い生活習慣を今すぐ改善したくなるような、ホンマでっか!?という情報をまとめてみました。

パソコンやテレビをつけっぱなしで眠ると太る!?

私の最近の至福の時間は、夜テレビを見ながらウトウトすること・・・そして夜中にそろそろベッドに行かなきゃって感じでしぶしぶ動くって感じです。

だから「パソコンやテレビをつけっぱなしで眠る(ウトウトする)と太る」って聞いた時には正直ドキッとしました。

武田先生によると、うす明りで眠ったマウスは血糖値が上がったままの状態だったという実験結果もあるといいます。

寝るべき時間にちゃんと寝ないと、食べる量が少ないのにもかかわらず太る傾向がある

というのです。

ウトウトしているということは、完全に寝ているわけではないから良くないという事なのでしょうか。

代謝が低い時間帯である夜8時から深夜2時に食事をすると太りやすいというのは知っている方も多いですよね。
つまり、この時間帯は部屋を暗くしてしっかり寝ていた方が良いってことなのでしょうね。

でも・・・テレビを見ながら寝るのって気持ちが良いんですよね・・・

前歯で噛むと小顔になる!?

次に登場されたのは、噛み合わせ評論家の長坂先生。

驚く事に、

前歯で物を噛むと小顔になるというのです。

前歯で噛む事で、頭が正常な位置になり、前からみると首が下がって小顔になるのだそうです。

奥歯でずっと噛んでいると顎が低くなるから頭が下がり顎が出て大顔になるのだとか。

食べ物控えているのに全然顔が痩せないのは奥歯で噛む癖がついているからかも

前歯で噛むなんてリスじゃないんだから・・・と思いましたが、超小顔のうちの次女、よく前歯でカリカリとリスさん食べをしている事を思い出しました!

昔から美味しいお菓子とかは、もったいなくてちょっとずつ前歯で食べていた次女。
初対面の人からは必ず「顔ちっちゃいね~」って言われるほどの小顔なのです!
もしかしてこれが良かったの?

だからといって、前歯ばかりで噛んでいると、ぎっくり腰になる危険があるのだそうです。
首や腰の位置が変化して腰に負担がかかりやすくなるのです。

つまり偏った場所で噛み続けるのではなく、色々な場所を使ってバランス良く噛む事が大切ということですね。

さらに噛み合わせを矯正すると見た目だけじゃなく、脳も活性化したり、聴力まで回復することが証明されているそうですよ。
確かに歯が丈夫な年配の方は認知症にもなりにくいって話は聞いた事がありました。

噛み合わせは大切って言われますが、体のいろいろな所につながっていて様々なことに影響力があるなんてびっくりですね。

リンパマッサージに隠された危険

小顔という話がでましたが、小顔になる為によく女性が行っているリンパマッサージ、実は間違った方法をすると突然死につながるんだそうです。

私も時々やっているので、これまたドキっとしました。

おおたわ先生によると、

のど仏部分にある神経のつぼで頸動脈洞と言われる部分を左右同時に刺激すると神経が過剰な反射を起こし、心停止の危険があるといいます。

怖いですね・・・絶対左右両方一緒に刺激してはいけません!

まとめ

  • 夜、テレビの前でうたた寝するのは太る原因に
  • 奥歯ばかりでモノを食べていると顔が太るかも
  • リンパマッサージ。療法同時にするのは危険

普段何の意識もせず繰り返し行っている事が、長い年月を経ると様々な体の不調や変化をもたらすという事は良く分かりました。

私自身噛み合わせに関して言うと、あまり良くはない方ですが、この年で矯正っていうのもハードルが高いので、まずは普段の食事の際に「噛む」という行為を意識してみようと思います。

左右の奥歯でバランス良く噛んで、時々リスさん食べして・・・

夜のテレビ見ながらのウトウトも減らしてしっかりと質の良い睡眠をとりたいと思いました。
まさに今すぐ出来る生活改善ですね!

関連記事

動脈硬化と心筋梗塞

【健康診断はアテにならない】血液がドロドロになる原因と改善方法

ためしてガッテン 動画 サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識より 心筋梗塞を防ぐために知って

記事を読む

認知症の予防

【今からでも!】認知症の予防に役立つ3つの方法

認知症予防は何歳からでも始められる いまや高齢者の四人に一人が罹っていると言われる認知症。 最近

記事を読む

幸せホルモンオキシトシン

【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

ストレスを出来るだけ具体的に解決する2つのホルモンからの続きです。 思いやりホルモン:オキ

記事を読む

おしっこと腎臓病

人工透析にならないために!オシッコで腎臓病を早期発見しよう!

主治医が見つかる診療所より 人工透析にならないために!オシッコで腎臓病を早期発見 腎臓の

記事を読む

米粒のような臭い玉

【咳と同時に出る小さな玉】喉の異変と他の病気を疑ってみる重要性

咳と同時に米粒くらいの玉が口から出てきたことはないですか? 咳をすると米粒大の玉が出る。 少

記事を読む

感動ホルモン セロトニン

【感動ホルモン】心を安定させるセロトニンを出す方法

【人を幸せにするホルモン】オキシトシンを出す方法からの続きです。 2つ目のキーワード【ストレスをた

記事を読む

膝関節痛

【加齢からくる膝(ヒザ)の痛み】自宅でできる変形性膝関節症の4つの予防法

別冊主治医が見つかる診療所より 変形性膝関節症の予防法! 雨が降ったり、寒い時によく出る

記事を読む

姿勢の悪さ

【姿勢の悪さ本気で直したい】4つの猫背のタイプと種類別の姿勢改善エクササイズ

世界一受けたい授業  肩こりや腰痛の原因は..?より 近年、姿勢の悪い子どもたちが増え

記事を読む

ぼんやりする時間

【何もしない時間】時には長時間のんびりボーっとする時間の大切さ

”ぼんやり”に潜む謎の脳活動 われわれ日本人はいわゆる何もしない「ボーっとする時間」を敬遠しが

記事を読む

基礎体温と代謝をアップさせる

【基礎代謝アップ】平熱を36度台にする3つの方法と免疫力をあげる1つの習慣

風邪をひきやすい冬の感染症、免疫力アップにおすすめの3つの方法 からの 【外からの風邪対策】ドラ

記事を読む

PAGE TOP ↑