*

【アレが男性の性欲UP?】様々な食物の意外すぎる効果

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 健康・病気

お米

【参考】食の秘密(ヒミツ) ホンマでっか より

最近では様々な研究が進み、私たちが普段口にしている食べ物の新たな体への効果や弊害が次々と発見されていますね。
良かれと思って食べていたものが、実は悪影響を与えていたり、その逆もあったりします。

今回はそんな「食」に関するホンマでっかな新情報をまとめてみました。男性にも女性にも意外な食べ物が意外な効果をもたらすことがわかっています。

色々な食物の意外な効果

・キャベツは天然のバイアグラ!?

まずは男性には朗報(?)な情報から。
なんとキャベツは天然のバイアグラなのだそうです!!
これを提言したのは、軍事評論家のテレンス・リーさん。
ただし生のキャベツではなく、ドイツ料理でキャベツを塩漬けにした「ザワークラウト」というものにバイアグラ効果があるといいます。

薬のように即効性があるわけではなく、食べ続けることで効果を実感できるのだとか。
そして、これはキャベツだけではなくスイカにも効果が期待できるのだそうですよ!

スイカの成分が体内でアルギニンというアミノ酸になりこれがバイアグラと同じ効果を発揮してくれるのです。

キャベツの塩漬けとスイカ。
薬はちょっと怖いけど、最近元気が・・・っていう男性の方は覚えておくと良いかもしれません(笑)

でも、キャベツの塩漬けとスイカを大量に食べていたら、ちょっと怪しい人だと思われちゃうかもしれませんね。

・エネルギーを持続させる食べ物は?

ここでブラマヨのお2人が気になったのが「エネルギーの持続力」。
水評論家の橋本先生はこう言います。

エネルギーを持続させるためにはクエン酸サイクルというものを回すとエネルギーが持続できるそうです。
このクエン酸サイクルを回すのに必要なのはクエン酸・ビタミンB・ナイアシンの3つ。
これはそれぞれ梅・豆・たらこが当たるそうで、これを3つ一緒に食べるとクエン酸サイクルで持続力がぐんとアップするのだとか。

これを朝食べると夜まで元気に活動できると言います。

今日は一日中頑張らなきゃいけないなっていう日、ゴルフやマラソンなどの前に摂取すると良いそうですよ。
ということは、私の場合は大好きな梅とたらこおにぎりに、塩ゆで枝豆をプラスした朝食を食べていけばエネルギーが持続できるってことですね!
なるほど、これならすぐに実践できそうです!

【お米・ビール】胸を大きくしたければ・・・

次は女性がちょっと気になる情報です。

胸を大きくしたければ、お米やビールをたくさん食べたらいい!?
これまたホンマでっか?な情報ですね。

武田先生によると、胸を大きくするには女性ホルモン摂取やふくよかな体にすることが必要なので、お米やビールが効果的なのだと言います。

でも・・・それってただ単に太るってことじゃないのかな?
胸は大きくしたいけど、太るのは嫌です・・・

ただただ胸囲が大きくなればいいってものではないんですよ!!先生方!
この日は女性の先生がいなかったので、これ以上話は進みませんでした。

・長寿の秘密は水!?

ここでまた登場した水評論家の橋本先生。

世界の中にはある一部分の地域だけが長寿という場所があるそうで、よく調べると水にその理由があるようだと言います。

長生きできる水にはカルシウムとマグネシウムの割合が関係しているのだそうです。
このカルシウムとマグネシウムが多く含まれた水が硬水というものですが、日本の水はこれが少ない軟水。

それじゃ、硬水の方が長生きには良いのかと思いきや・・・最終的には生まれ育った場所の水を飲み続ける事が一番良いという結論に。

結局のところ、水の成分はそれほど関係ないってことなのかな?
正直、よく分かりませんでした(笑)

・パンのカビは怖い!

最近では保存料などの食品添加物は悪者にされる事も多くなってきました。でも武田先生によると保存料などを使わずに作ったパンに出来やすいカビが、今までとても恐ろしい中毒事件を起こしてきたというのです。

このパンに発生するカビは麦角アルカロイドと総称されるカビ毒で大変強い毒性があるのだとか。
この毒は人間には大変危険な猛毒で、命に関わることもあるそうですよ。

丹精込めて作った無添加手作りパン、食べきれなくて少しカビが生えてしまっても、もったいなくてその部分だけ取って食べればいいかなと思いがちですが・・・

それはやめた方が良さそうです。

・まとめ

今回は本当に「ホンマでっか!?」って言いたくなる情報が多かった面白い回でした(笑)

食に関しては、一つの利点だけを見てしまうと別の所で害が及ぶ事が多くあります。

栄養士である私からすると、やはり一番良いのはバランスのとれた質の良い食事をすることだという結論に至ります。

今回の情報は、「そういえばこういう説もあったな」っていうくらいに頭の隅に入れておくくらいがちょうど良いのかもしれませんね!

関連記事

生活習慣

【少しの改善で効果絶大】何気ない生活習慣があなたに及ぼす悪影響

今すぐ出来る生活改善ス ホンマでっか!より 普段何気なく習慣としてやっていることが、実は体

記事を読む

幸せホルモンオキシトシン

【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

ストレスを出来るだけ具体的に解決する2つのホルモンからの続きです。 思いやりホルモン:オキ

記事を読む

高齢者

【高齢者の実体験】いつまでも認知症にならず自分の足で歩くための7つの健康法

両親や祖母に教えてあげたい認知症の予防方法 認知症とは、高齢者に多い病気です。いわゆる『ボケ』と言

記事を読む

姿勢の悪さ

【姿勢の悪さ本気で直したい】4つの猫背のタイプと種類別の姿勢改善エクササイズ

世界一受けたい授業  肩こりや腰痛の原因は..?より 近年、姿勢の悪い子どもたちが増え

記事を読む

女性

うつ病になりやすい8つの性格とそれを予防するための4つのポイント

「患者250万人!うつ病最新予防法」 【初期症状】うつ病の原因を徹底解明 考えがまとまらな

記事を読む

ドライマウス改善

【外からの風邪対策】ドライマウスを改善するための3つの方法

免疫力アップにおすすめの3つの方法からの続きです。 ウィルスが侵入するのは実は鼻と喉からのみに

記事を読む

基礎体温と代謝をアップさせる

【基礎代謝アップ】平熱を36度台にする3つの方法と免疫力をあげる1つの習慣

風邪をひきやすい冬の感染症、免疫力アップにおすすめの3つの方法 からの 【外からの風邪対策】ドラ

記事を読む

肩こりの原因

肩こり・頭痛の8割は首から!枕を変えることによるあなたの生活の変化

世界一受けたい授業 山田朱織先生の枕 みなさん、頭痛やむくみ、不眠などの体の不調はあり

記事を読む

冬の風邪対策

【冬の風邪】ただの風邪とインフルエンザの違いの見分け方

主治医が見つかる診療所で「冬の風邪、インフルエンザ」についてやっていましたのでまとめておきたいと思い

記事を読む

感動ホルモン セロトニン

【感動ホルモン】心を安定させるセロトニンを出す方法

【人を幸せにするホルモン】オキシトシンを出す方法からの続きです。 2つ目のキーワード【ストレスをた

記事を読む

PAGE TOP ↑