*

【裏ビジネス】SNSのフォロワー数は簡単に操作が可能!驚きの実態

公開日: : PC・スマホ

今や

– YouTubeの再生回数
– Facebookの「いいね」の数
– ツイッターのフォロワーの数
– Instagramの・・・

今やこれらのフォロワーの数は見ているユーザーたちに大きな影響を与えています。

事実、100万いいねを持つバイラルメディアや100万フォロワーを持つツイッターの個人アカウントなどはたとえコピーした情報であれ、それだけの数の閲覧者がいれば「アクセスを集められる」ということで、それが有益な情報とは言えなくても情報のシェアだけで簡単にサラリーマンの月収を超える金額が稼げてしまう時代です。

ただ、注意してもらいたいことは

「数字だけを鵜呑みにしない」

ということです。

確かに、この数値が高ければ「このアカウントはすごいアカウント」「Facebookで2万2以上のいいねがついているのだからこの人はすごい人に違いない」と錯覚してしまいがちですよね。

しかし、この人気のバロメーターには嘘が隠されている場合もあります。

今回はSNS社会の裏工作について

実際のやり方をテレビ番組で紹介していたので

その手口などを記述していきたいと思います

フォロワー数・閲覧数を操作するネット上の裏ビジネスの実態

架空のユニットを作成

番組ではまず、適当な男女4人を選び

「likeus」という架空の音楽ユニット(バンド)を結成しよくありがちな適当に作ったビデオクリップをYouTubeにアップロードします。

そして、まずそのまま何もせずに検証

およそ1週間経過後

  • YouTube閲覧回数は「たったの18回」
  • Facebookの「いいね」の数は3人
  • ツイッターのフォロワーもたったの10人

という結果に

まぁ普通にやってればこんなもんですよね。

そして、このフォロワーの数を上げるためにテストしたのは「ネット上に怪しい広告を出しているサイト」です。あと、実はここまで明確にはしてしていませんが、ココナラなどで「Facebookに掲載します・ツイッターで掲載します」と言っている販売者たちも同じような感じです。

【閲覧数増やします】怪しい広告を出しているサイトに依頼

業者が出している広告文書は次の通り

「いいねを集めて今すぐ有名になろう」

「視聴回数を増やしてネットで注目を集めましょう」

あるサイトではYouTubeの2万5,000回の視聴回数が日本円で6,700円という価格で販売されていました。

一時期、韓国のユニット ガンナムスタイルなどがYouTubeの視聴回数を不正に操作しているということでも話題になりましたよね。

また、Facebookの「いいね」1,000人も約2,300円(日本円)で販売されています。

Twitterのフォロワー2,000人も、800円という価格

要するに料金さえ支払えば視聴回数」を増やしてくれるという仕組みになっています。視聴する回数が上がればその数を見た人が「これだけたくさんの人が見ているのだから」ということでどんどん拡散していく仕組みを狙ったものですね。(後でも解説していますがフォロワーや使用回数はすべて外国人なので注意)

でニセユニットグループでもYou Tubeの視聴回数を購入していました。

YouTubeの再生回数「50万回」を約2万4千円で購入

購入すること1週間後

YouTubeの再生回数は確かに50万回を超えていました。

YouTube側の情報操作ではなく、確かに50万人が視聴したということになりますね。

どうしたらこうすることが可能になるのか?

これはからくりとしては簡単で

要するに、「こういったことを専門に行っている会社が多数存在する」ということになります。

例えば、「20代後半に絞ったFacebookのファン1万人の注文」など、様々なニーズに応えてくれます。

顧客のなかには「必ずしも怪しいビジネスをしている人」だけではなく、アーティストを売り込むための音楽レーベルなんかも利用しているみたいです。

(法律自体では犯罪ではありませんが、FacebookやYouTube、そしてTwitterではこういった行為は禁止されていますので注意)

※バレても刑務所に入れられることはないがアカウントを削除されて永久追放されます。

「どの企業も顧客を得るためには少なからずごまかしをしているもの」というのが彼らの言い分です。(100パーセント賛同はできないですが、私もこの意見には概ね同意。綺麗事だけではビジネスは務まりません)

では「どうして短時間で回数や人数をこれほどまでに増やすことができるのか?」

そこに、暗躍しているのが「東南、中東系のアジアの下請け業者」になります

まだまだ貧しい国の重要な収入源になっている

視聴回数が多い国は

 

YouTubeだとバングラデシュインド

Facebookだとバングラデシュ、インドネシア、フィリピンなどなど

 

私も以前Facebook上で(違法ではない)国ごとのいいねの単価を調査したことがあります。

本当に、5,000倍以上の開きがあります。

例えば、シンガポールであれば1いいねに対して500円以上
アメリカも大体こんな感じです。

シンガポール・アメリカ・スイスあたりが一番高いです。

次に高額なのが日本で200円から300円程度

しかし、これが東南アジアになれば一気に単価は下がります。

まず、タイ・ラオス・ミャンマーこの辺が、5円から7円程度。

フィリピン、バングラデシュこの辺が1円程度。

そして、世界の中でも最も安いのはインドネシアです。Facebookの1いいねにつき0.1円程度。

日本でも大した事していないのにFacebookに数万人の「いいね」抜いてる人はフォロワーをチェックしてみることをおすすめします。3万人フォロワーがいても、そのうちの2万9,500人以上ほぼインドネシア人ということもありますので要注意です。

そして、番組ではその真相を突き止めるために

バングラデシュの首都ダッカへ…

そして、判明した驚愕の事実が

下請け業者の大半が大学生である」ということ。ネットワークの視聴回数もしくはいいねを販売している人がいるかどうかを尋ねたところ

驚愕!情報処理系の学生の半数以上が手をあげました。

手口としては、「Facebookページを10個程度運営する」(日本と違いアジアはいいねがすぐに集まる)これらのFacebookページにまず「いいねを300万以上集める」

要するに、インフルエンサーとなっているということですね。

だからこそ、プロモーションビデオなどのURLにいいねを誘導すると沢山の人が動画を見たり、いいねを押したりしてくれるわけです。

彼は、Facebookの1000いいねを1,200円程度で販売しているそうです。

これによってバングラディッシュの平均月収の3倍程度稼いでるみたい。

物価の違いによるビジネスですね。

すごいと思います。

まとめ-フォロワーを購入する行為は禁止されている

しかしいろいろな商売がありますね。SNSの裏技と言ったところでしょうか?それだけ影響力が強くてお金を払ってでも視聴数・フォロワーを増やす価値があるということですね。

ちなみにこういったやフォロワーの操作・販売・購入はSNS側によって明確に禁止されています。

もし、こういった情報照査をしていることがバレたら

アカウントごと削除される可能性があります。もちろん、販売者だけではなく「購入したほう」も同罪になってしまいますので注意してください。

関連記事

PAGE TOP ↑