*

【ストレス天国日本】ストレスに強くなるための2つのホルモン

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 健康・病気

主治医が見つかる診療所でテーマ「ストレスを医学的に解消する」
を徹底調査していたのでまとめておきたいです。

現代社会でストレスから完全に逃れることは無理
でも、

ストレスを軽く見るのはとても危険!!

それが蓄積されると

  • うつ病
  • パニック障害
  • 狭心症
  • 胃潰瘍
  • 不眠
  • 自律神経失調症

の原因になるそうです。

しかし、この現代社会においてストレスの原因の根本は根絶できない!というのが本音ですよね。

じゃあ、ストレス社会で重要なのがストレスに強くなる体・精神作り
コレが最も大切です。本当にそう思います。

それが幸せホルモンという2つのホルモン:
この2つが出ていると気持がウツウツとしないで前向きになりポジティヴになってストレスに強くなるそうです。

今回の内容はストレスという枠から飛び出して、人の性格や人生も180度変えてしまいかねない内容だったので、見た方もまだ見てない方も要チェックです。非常に有益な内容でした。

人間にとってストレスとは?

ストレスを解消する

人間だけじゃなくて生き物全般、あらゆる環境の外的な要因(暑い、寒い、ムシムシする)がストレス。
そして、ストレスは人が生きていく上で逆に必要なもの。

ストレスがあって全く反応しない人=認知症と一緒です。

例)何を言っても「はぁ~」。ちゃんと中で処理しきれないと色んな病気を抱えていく。

>何でもストレス、ストレスって言うけど、まったくストレスがないってって良くないんですね。

交感神経がストレスを受けると緊張する。
冷や汗が出ている。胸がドキドキする:ストレスの初期であり、これはストレスに適応しようとしている。
それがあまり過度なストレスが来ると、ストレスに負けて色んな病気になる。
ストレスで食べ過ぎると健康にとってマイナス。

> 思い出します。会社で上司に怒鳴られて固まってしまい何もできなかったんだです。その後、もう仕事をするのが嫌で嫌で、結局は退社して2か月間は引きこも りました。その当時、おでこはブツブツで誰にも会いたくなかったです。ミスしたら首だぞって脅されて、冷や汗は出るは動機はするはどうにもコントロールが 効かないのが自律神経なんですね。

2つの脳内ホルモンを増やせばストレスに強くなる。

誰でも簡単に出来る目からウロコの方法。

>2つのホルモン、一つは知っていました。
サプリから摂っていますが、もう一つのホルモはメカニズムがいまいち把握できず具体的にどうしたらいいか自分でもよく分かっていませんでした。

ドキドキ。ワクワク。もストレスの初期状態。しかし、それが過度に積もると病気になることもあるそうで…

ストレスを解消することで得られる6つの効果

逆に上手に解消すると非常によい効果が出てきます。
ストレスを解消するとこんな効果があるそうです:

1,高血圧の改善、
2,不眠の改善、
3,肥満・糖尿病の予防、
4,美肌、
5,便秘解消、
6,免疫力UP。

>これはもう薬がいらないですね。血液も栄養も酸素も全部循環しているって証拠ですね。

医学的に心の中からストレスを消すために有効な2つのホルモン

それが、

  • オキシトシン
  • セロトニン

になります。セロトニンは聞い
たことがある人も多いと思いますがオキシトシンっていうのは私は初耳でした。

オキシトシン:思いやりホルモン、人を幸せにするホルモン。
セロトニン:自分が幸せになる為の喜びのホルモン、感動ホルモン

この2つを身体に分泌するのがストレス解消になるそうです。

では、オキシトシン&セロトニンはストレスにどのように活用されているのか?

次の記事に続きます。

①【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

【感動ホルモン】心を安定させるセロトニンを出す方法

関連記事

若い女性の薄毛

【まだ30代なのに!】女性の薄毛の原因と効果のある7つの食事

薄毛の名医が教える人には言えない薄毛の予防と改善法より 髪に良い食べ物「かいりきだなあ」とは?

記事を読む

膝関節痛

【加齢からくる膝(ヒザ)の痛み】自宅でできる変形性膝関節症の4つの予防法

別冊主治医が見つかる診療所より 変形性膝関節症の予防法! 雨が降ったり、寒い時によく出る

記事を読む

血圧を下げる方法

【1日11分だけ】4週間後に血圧を劇的に下げるエクササイズ

血圧を下げるハンドクリップより 血圧を下げる超お手軽ワザ?! 健康診断で高血圧と診断され

記事を読む

認知症の予防

【今からでも!】認知症の予防に役立つ3つの方法

認知症予防は何歳からでも始められる いまや高齢者の四人に一人が罹っていると言われる認知症。 最近

記事を読む

コレステロール

コレステロールは悪者?コレステロール値が高いだけでは問題にならない2つの理由

実はコレステロール値が高いのはたいした問題ではない。という衝撃の情報 コレステロールの一般的なイメ

記事を読む

幸せホルモンオキシトシン

【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

ストレスを出来るだけ具体的に解決する2つのホルモンからの続きです。 思いやりホルモン:オキ

記事を読む

まくら

【寝ている間に肩こりを軽減】大切な枕を選ぶときのポイント

L4YOU!『枕で治す!肩こり&首痛解消術』より 寝ている間に体すっきり!肩こり解消大作戦 日本

記事を読む

【外見だけじゃない】筋肉の重要性と低下することによる様々な生活習慣病のリスク

疲れやすいのは筋肉不足の可能性が高い 筋肉量、足りてますか? 少し外を歩いただけで息切れして

記事を読む

高齢者

【高齢者の実体験】いつまでも認知症にならず自分の足で歩くための7つの健康法

両親や祖母に教えてあげたい認知症の予防方法 認知症とは、高齢者に多い病気です。いわゆる『ボケ』と言

記事を読む

冬の風邪対策

【冬の風邪】ただの風邪とインフルエンザの違いの見分け方

主治医が見つかる診療所で「冬の風邪、インフルエンザ」についてやっていましたのでまとめておきたいと思い

記事を読む

PAGE TOP ↑