*

【幸せホルモン】体内のストレスを消してくれるオキシトシンを出す方法

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 健康・病気

ストレスを出来るだけ具体的に解決する2つのホルモンからの続きです。

幸せホルモンオキシトシン

思いやりホルモン:オキシトシンの効果

ストレスを緩和する働きがある。

感染症の予防、風邪とかも引きにくくなるそうで・・・

※実際、実践しているお医者さんは10年間風邪を引いていないそう。

どのようにしてオキシトシンを出すか?

  • 抱き合う
  • 握手をする
  • 肌と肌のふれあい

主にこの3つでおもいやりホルモンであるオキシトシンが出てることが証明されてるそうです。肌と肌の触れ合い。人と人との肌じゃなくて動物でもいいようです。

なぜ肌と肌が触れ合うとオキシトシンが出るか?

これは産婦人科の領域になるそうで、お母さんが赤ちゃんにおっぱいをあげている時にオキシトシンが大量に出ているのが分かっています。

オキシトシンの働き:(これまでの研究)

陣痛を促進したり、母乳の合成や分泌を促す。
授乳時のスキンシップ→オキシトシン増加。
アメリカで行われたある研究:子供たち(4歳半)のオキシトシン濃度をはかり
その後、母親とのスキンシップをすると増加したことが分かっています。

オキシトシン=母性 スキンシップに密接に関係していると言えると思います。

子どもを看病している母親が病気にならないのはこのせいと言われているそうです。

毎日の生活で心がけておきたい唯一のこと

相手のことを思いやり

相手の幸せを考えて行動すると出やすくなるそうです。

自分の幸せの為じゃなくて相手の幸せを考えた行動。

例:電車で席を譲ったり重い荷物を持っている老人を助ける。相手を褒める。こんなことも自分自身のストレスを軽減する役割を担っているそうです。

>これはとても大事なことですね。動画で出産のときに子供を母親の胸にのせる光景を見ますが、あれは授乳を促すためだったんですね! 私に子供がいませんが、動物とのふれあいでもオキシトシンが出せるようなので安心しました。

オキシトシンのメカニズムは以下

脳からでる
視床下部から分泌
授乳する時の乳汁分泌を促進→100年前から分かっていた。
最近分かってきたこと:母親だけでなく男も出す
心に作用
ホンわかした気持がいい
母性愛の時のあの気持ち
男女の愛情の時

過度なストレスが長期に続くと
脳の所で顕著なところが落ちてくる
海馬(記憶や空間学習力に関わる)

子供の時に虐待を受けた子供→海馬が小さくなる。
前頭葉が萎縮、それで知能障害 をきたす。とされています。

心的外傷後ストレス症候群(PTSD)→海馬が小さくなる。
若い時に認知症と同じ症状

ストレスがいかに脳に良くないかというのがわかります。

>前頭葉の委縮と聞いて凍り付きました。認知症やアルツハイマー病で萎縮するのは納得いきますが、このような理由で子供のうちに萎縮とは絶望的です。前頭葉は我々が色々なことを正常に判断するのに必要なところですから。

【幸せホルモン】オキシトシンを出すための具体的方法:

1)ふれあい

安心して信頼している人に触れられるとオキシトシンの分泌する回路が動き出す。子どもやペットへのハグは2人両方にメリットが有る最大の方法です。

ペット

2)相手を思いやる行動。

例)家族で団らん→オキシトシン分泌
ご主人が奥さんの為に皿洗いする←これも一つの親切 両方ともオキシトシンがでます。

顔と顔を向き合ってお喋りするだけでもオキシトシンは出るそうで
女性がおしゃべりする→ストレス解消にもなっています。

また、料理をつくるのも、「誰かのために料理を作ってあげる」というのが前提にあるのでやはり重要なことのようです。(一人暮らしの人が自分の料理を作る自炊とはちがい、あくまで誰かの為に作ってあげる家庭料理のことですね。)

などなど、様々な方法が考えられます。

ここで重要なのはすべてにおいて

「自分のことばかり考えず、相手のことを考える」

ということ。

なるほど、お金があっても自分のことばかり考えているような人はあまり幸せそうに見えないですもんね。

そういう意味では褒めるという行為もオキシトシンを出す一つの方法とも言えるのではないかと思いました。

まとめ

ha1

オキシトシンを出す方法:

  • ふれあい
  • 家族団らん
  • おしゃべり
  • 親切(席をゆずる)
  • プレゼントを選ぶ
  • 相手の為に料理する(作る方も食べさせてもらう方もみんなハッピー)
  • 褒める

自分のことしか考えてない人は絶対にできないことばかりですね。私も反省したいと思います。

ストレスを解消するオキシトシンを分泌するにはふれあいと相手を思いやる行動をすることがとても効果的である。

いかに家族と親密にコミュニケーションを取るのが重要かが分かりました。

つぎはストレスに強くなるもう一つのホルモン。感動ホルモンであるセロトニンを出す方法です。

関連記事

女性

うつ病になりやすい8つの性格とそれを予防するための4つのポイント

「患者250万人!うつ病最新予防法」 【初期症状】うつ病の原因を徹底解明 考えがまとまらな

記事を読む

動脈硬化と心筋梗塞

【健康診断はアテにならない】血液がドロドロになる原因と改善方法

ためしてガッテン 動画 サラバ!血液のにごり 心筋梗塞を防ぐ新常識より 心筋梗塞を防ぐために知って

記事を読む

肩こりの原因

肩こり・頭痛の8割は首から!枕を変えることによるあなたの生活の変化

世界一受けたい授業 山田朱織先生の枕 みなさん、頭痛やむくみ、不眠などの体の不調はあり

記事を読む

まくら

【寝ている間に肩こりを軽減】大切な枕を選ぶときのポイント

L4YOU!『枕で治す!肩こり&首痛解消術』より 寝ている間に体すっきり!肩こり解消大作戦 日本

記事を読む

ぼんやりする時間

【何もしない時間】時には長時間のんびりボーっとする時間の大切さ

”ぼんやり”に潜む謎の脳活動 われわれ日本人はいわゆる何もしない「ボーっとする時間」を敬遠しが

記事を読む

若い女性の薄毛

【まだ30代なのに!】女性の薄毛の原因と効果のある7つの食事

薄毛の名医が教える人には言えない薄毛の予防と改善法より 髪に良い食べ物「かいりきだなあ」とは?

記事を読む

米粒のような臭い玉

【咳と同時に出る小さな玉】喉の異変と他の病気を疑ってみる重要性

咳と同時に米粒くらいの玉が口から出てきたことはないですか? 咳をすると米粒大の玉が出る。 少

記事を読む

認知症の予防

【今からでも!】認知症の予防に役立つ3つの方法

認知症予防は何歳からでも始められる いまや高齢者の四人に一人が罹っていると言われる認知症。 最近

記事を読む

膝関節痛

【加齢からくる膝(ヒザ)の痛み】自宅でできる変形性膝関節症の4つの予防法

別冊主治医が見つかる診療所より 変形性膝関節症の予防法! 雨が降ったり、寒い時によく出る

記事を読む

基礎体温と代謝をアップさせる

【基礎代謝アップ】平熱を36度台にする3つの方法と免疫力をあげる1つの習慣

風邪をひきやすい冬の感染症、免疫力アップにおすすめの3つの方法 からの 【外からの風邪対策】ドラ

記事を読む

PAGE TOP ↑