*

【感動ホルモン】心を安定させるセロトニンを出す方法

公開日: : 最終更新日:2015/09/05 健康・病気

【人を幸せにするホルモン】オキシトシンを出す方法からの続きです。

2つ目のキーワード【ストレスをためない驚きのパワー!セロトニン】

セロトニンとは:

自分が幸せになる為の喜びのホルモンで感動ホルモンとも呼ばれています。

セロトニンの効果は?
自律神経が整うことで

不眠症が改善したり頭痛や生理痛が軽減したりと特に女性に嬉しい効果が満載です。女性は生理があるのでどうしてもホルモンバランスが不安定になります。なので特に憂鬱なときなどはこれらの方法を覚えておけば効果がありそうです。(^-^)

オキシトシンは体の中のストレスを消してくれるホルモン

セロトニンは外のストレスから守るために心を安定させるホルモン

になります。

感動ホルモン セロトニン

不足するとどうなる?セロトニン

セロトニンの効果は主に以下の5つ

  • 脳の覚醒、
  • 心の安定、
  • 姿勢の改善、
  • 不眠の改善、
  • 頭痛・生理痛の軽減

コレが不足してしまうと
うつ病、
不眠症、

などなど色んな病気の元になるそうで

セロトニンとは人間の体を車に例えるとエンジンが回るために絶対必要なエンジンオイルの役割を持っているそうです。車もオイルが汚いと本来の走りができませんね。納得です。

セロトニンを出す3つの方法

ということでとにかく

鬱がち・ストレスが溜まる・気分が乗らない
を打開してくれるセロトニン。意識的に体内から分泌させる方法は以下のとおり。

単純だけどとても効果がある方法だそうです。

1)感動した時は声を出す。

声をオーバーに出す

感動する・積極的に声を出すのがとても大切だということです。

(この方法を紹介されていた先生もちょっとしたことに「きれいだな、すごいな、美味いな」ということを心がけて言うようにしているそうです。)

気持を声に出すことで(自分自身に感動を再認識させ周りの人の共感を呼ぶ。)

2)日光を浴びる:

朝日

睡眠も物凄くよくなる、日光浴は1日20、30分でOK。日差しが優しい朝がおすすめ。

3)リズム運動を行う。

リズミカルな運動

リズミカルな運動をするとセロトニンが出やすい。
ウォーキング、サイクリング、ラジオ体操など

> 納得します。私自身、高緯度のカナダ在住で冬場は日が短く不眠症になります。
故意にメラトニン、5-H|TPやビタミンD3を飲んで冬季ウツを防いでいます。わざわざ目に光をいれるように専用のライトを買う人が多いんですよ。普通にこういうサプリとライトはドラッグストアに売っているんですよ。
運動がした くても雪道で出来ないのが現状、肥満で関節症になる人も多く、グルコサミンやコイドロイチンなどを摂っている人も多いです。

セロトニンを増やす栄養素は3つ:

トリプトファン:

魚類・肉類・乳製品・鶏卵・大豆・胡麻など
補酵素:

ビタミンB6:

魚類、ニンニク、ショウガなど

鉄がないとセロトニンができない
魚類、レバー、ほうれん草、小松菜など

>さっそくお味噌汁に炒ったすりごまをたっぷりとにんにくを入れました。セロトニンには鉄が必要ということで、鉄の吸収を阻害するコーヒーの摂取を控えたいと思います。

セロトニンまとめ

例)指揮者がタクトの振り方を変えると、楽曲の雰囲気が変わるようにセロトニン神経のタクトの振り方が変わると脳全体が変わる。

要するに意識して性格を変えなくてもセロトニンを充満させておければ性格も勝手に変わってくるということか!!

( ..)φメモメモ

この3つの方法と食事を実践することによって

1)脳の覚醒→スッキリ爽やか。
2)心の安定→興奮や不安を抑える。
3)筋肉(インナーマッスル)→姿勢の改善 表情が若々しく

>番組では歌を歌いながらお手玉遊びをする治療のVTRを見ましたが、私もそれに代わる何かをすればいいってことですね。お手玉のようなリズム運動を取り入れてみたいと思います。

幸せホルモン【オキシトシン】と感動ホルモン【セロトニン】

change1

※3つの記事全体のまとめになります。

この2つが具体的にどのようにストレスを解消するか?ですが

脳にストレスが溜まっている状態のとき

  • オキシトシンがストレスを消す
  • その後、セロトニンが増えて心の安定を保つ

脳の中でどんどんセロトニンが増えれば、心が安定してストレスが溜まりにくくなる。
ストレスのない状態の脳を作るにはオキシトシンとセロトニンの両方がバランスよく分泌されることが大切。

おさらい:ストレス解消のメカニズム
1)オキシトシン→ストレスを消す。
2)セロトニン→ストレスをためないようにする。

>なるほど、どっちか一つじゃなくてこの2つのホルモンのバランスなんですね。

オキシトシンが消したストレスを再び溜めないようにするにはセロトニンを増やすことがとても大切。そしてそのためにはリズム運動や日光浴を行って材料となる栄養をしっかり取ることが効果的である。

この記事のポイント

ストレスを解消する方法として
1)ふれあい&親切な行動でオキシトシンUP
2)日光浴&リズム運動でセロトニンUP(この記事)

があるということでした。なにやらややこしい名前ですがこの動画を見ることで

ストレスをためない方法を探すよりもストレスに強くなる方法や何をどうすればいいのかが超具体的に解説されていたのでとてもわかりやすく、また、簡単に実践できることばかりなのでとても良かったです。

関連記事

ぼんやりする時間

【何もしない時間】時には長時間のんびりボーっとする時間の大切さ

”ぼんやり”に潜む謎の脳活動 われわれ日本人はいわゆる何もしない「ボーっとする時間」を敬遠しが

記事を読む

ドライマウス改善

【外からの風邪対策】ドライマウスを改善するための3つの方法

免疫力アップにおすすめの3つの方法からの続きです。 ウィルスが侵入するのは実は鼻と喉からのみに

記事を読む

認知症の予防

【今からでも!】認知症の予防に役立つ3つの方法

認知症予防は何歳からでも始められる いまや高齢者の四人に一人が罹っていると言われる認知症。 最近

記事を読む

ストレスを解消する

【ストレス天国日本】ストレスに強くなるための2つのホルモン

主治医が見つかる診療所でテーマ「ストレスを医学的に解消する」 を徹底調査していたのでまとめておきた

記事を読む

まくら

【寝ている間に肩こりを軽減】大切な枕を選ぶときのポイント

L4YOU!『枕で治す!肩こり&首痛解消術』より 寝ている間に体すっきり!肩こり解消大作戦 日本

記事を読む

高齢者

【高齢者の実体験】いつまでも認知症にならず自分の足で歩くための7つの健康法

両親や祖母に教えてあげたい認知症の予防方法 認知症とは、高齢者に多い病気です。いわゆる『ボケ』と言

記事を読む

冬の風邪対策

【冬の風邪】ただの風邪とインフルエンザの違いの見分け方

主治医が見つかる診療所で「冬の風邪、インフルエンザ」についてやっていましたのでまとめておきたいと思い

記事を読む

お米

【アレが男性の性欲UP?】様々な食物の意外すぎる効果

【参考】食の秘密(ヒミツ) ホンマでっか より 最近では様々な研究が進み、私たちが普段

記事を読む

【外見だけじゃない】筋肉の重要性と低下することによる様々な生活習慣病のリスク

疲れやすいのは筋肉不足の可能性が高い 筋肉量、足りてますか? 少し外を歩いただけで息切れして

記事を読む

緊張と不安

【SAD】不安や緊張を抑えるためのポイントと習慣

少しのことでもすぐ緊張してしまい、目をそらしたりパニック状態に陥ったりすることはないですか?

記事を読む

PAGE TOP ↑